BA-400/450

BA-400.png
小型軽量な引張り試験器(建研式剥離試験機)で、二層間における試料の接着力を簡単な操作で測定出来ます。
モルタル、建築仕上げ塗材、小形タイル等の剥離強度や外壁補修用ピン等の引抜き強度検査にも使用出来ます。
持ち運びに便利な携帯用ケース付です。
(左記写真:BA-400)


■ 型式仕様

精度 : ±2% / FS以内
型式 BA-450 BA-400 BA-450D BA-400D
最大荷重 10kN 5kN 10kN 5kN
荷重表示 置針付 アナログ指示 デジタル式 ピークホールド付
液晶3 桁表示
試験機の大きさ 40×40~50x50mm 40x40mm 40×40~50x50mm 40x40mm
本体の慨寸・重量 180x180x150mm 2.7Kg 180x160x150mm 2.3Kg 180x180x150mm 2.7Kg 180x160x150mm 2.3Kg

■ 使用方法

  1. 試験体に40×40 の罫線を描き、その線上をダイヤモンドカッターで試験体の基板に達するまで少し深めに溝を切込む
  2. 切込んだ溝の内側に接着板をエポキシ系接着剤で貼り付ける
  3. 本器を右図の様に設置しクランプ金具と接着板を連結する
  4. 回転ハンドルを右回しすると引張荷重が上昇し、剥離した時の最大荷重を置針(赤針)で読取る その値を接着板の面積で割ると接着強度が得られる

■カタログダウンロード

【カタログ】接着剥離試験器  BA-450,400(アナログ目盛)
【カタログ】接着剥離試験器  BA-450D,400D(デジタル目盛)

※ダウンロードできない場合は、右クリックからダウンロードしてください